【産業動向】 UBSアナリスト、中国のAI分野成功に太鼓判もファウンドリ先湯きには悲観的
2019-01-10 12:05:50
台湾紙『聯合報』(2019年1月8日付)によると、UBS証券のアナリスト呂家璈氏(アジア太平洋地区半導体担当)は最新レポートで、中国の半導体産業の先行きについて、半導体ファウンドリ分野でトップに追いつくのは極めて難しいとの見方を示した。一方で人工知能(AI)の成功は間違いないとした。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,078元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI