【産業動向】 サムスン、5Gインフラで中国2社排除の市場強化 ASICのFaradayに商機
2018-11-23 11:50:41
台湾の経済紙『工商時報』は2018年11月22日付で、米国とオーストラリアの他、カナダ、ドイツ、日本、ロシア、インドも安全保障上の観点から中国通信機器大手2社のHuawei(ファーウェイ=華為)とZTE(中興通訊)を第5世代モバイル通信(5G)のインフラ入札から除外することを検討しているとした上で、18年10月に5G基地局の発展でNECとのタッグを公表した韓国サムスン電子(Samsung Electronics)が、10nm(ナノメートル)と7nmプロセスで、先の中国2社が抜ける市場で商機獲得を目指していると報じた。またこれに伴い、サムスンがIC設計の台湾Faraday(智原)に対し、特定用途向け集積回路(ASIC)を大量に発注したと伝えた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,078元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI