【EMS/ODM】 中国製スパイチップ疑惑、サーバー製造台湾社の中国撤退加速
2018-10-10 11:29:04
中国で組み立てられた米国向けサーバーに、中国がスパイチップを埋め込んでいたと米『ブルームバーグ(Bloomberg)』が2018年10月4日付で報じたが、台湾の金融情報サイト『理財網』は同9日付で、この一件が、中国に製造拠点を置くサーバーの受託製造の台湾大手が中国撤退を加速するきっかけになるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,530元
その他海外からのお申し込み:US$703.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI