【産業動向】 タッチパネルYoungFast、スマホ用低迷でPOS・ATM・医療用に注力
2018-09-07 09:24:34
スマートフォン用をはじめとするコンシューマ向けタッチパネルで有力供給業者の1社だった台湾YoungFast(洋華光電)が、業績不振でコンシューマ向け以外の分野に活路を求め、現在では医療用やPOS端末等、産業用が全体の半数以上を占めるようになっていることが分かった。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,788元
その他海外からのお申し込み:US$722.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI