【EMS/ODM】 クアンタ、AI開発に積極投資 米中貿易戦での東南アシフトは「自動化人材ネック」
2018-08-10 11:58:35
ノートPC(NB)受託製造最大手、台湾クアンタ(Quanta Computer=広達電脳)が2018年8月8日に開いた投資家向け説明会で、18年第2四半期のEPS(1株あたり税引後純利益)が0.92NTドル(1NTドル=約3.7円)に落ちたのは、人工知能(AI)と第5世代移動通信(5G)の研究・開発(R&D)費を大幅に引き上げたことが影響したと説明した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,530元
その他海外からのお申し込み:US$703.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI