【液晶パネル】 iPhone X低迷、サムスン有機ELライン稼働率5割 LGDは投資戦略調整か DIGITIMESレポート
2018-03-09 11:30:02
調査会社DIGITIMES Researchは2018年3月6日付のレポートで、米アップル(Apple)のスマートフォン最上位モデル「iPhone X」の販売低迷で、市場には中小型有機EL(OLED)パネルが供給過剰に陥るとの懸念が浮上、18年からiPhoneにOLEDを供給する韓国LGディスプレイ(LG Display=LGD)が投資規模の縮小や事業戦略の調整に動くかどうかを市場が注目していると伝えた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,530元
その他海外からのお申し込み:US$703.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI