【産業動向】 台湾の光ディスク産業、データセンター用アーカイブシステム参入本格化
2017-07-13 09:46:34
光学ディスク大手、台湾CMC(中環)の翁明顕・董事長はこのほど、2018年は「新型光ディスク元年」が到来するとし、大容量の管理用新型光ディスクが市場に拡大するとの見方を示した。CMCもビッグデータに使用可能な長寿命のブルーレイディスクアーカイブシステム(Blu-ray Disc Archive System)や、大容量・高性能の光ディスクを提供していくと述べた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$712.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI