【半導体】 清華紫光の長江存儲CTOに台湾Mstat創業の楊偉毅氏
2017-02-16 12:03:15
半導体大手の中国Tsinghua Unigroup(清華紫光)は2017年2月12日、投資総額300億米ドルの南京半導体産業基地の建設を開始したと表明した。また、台湾紙『経済日報』は2月16日付で、Tsinghua UnigroupがIC設計大手の台湾Mstar(晨星)創業者の楊偉毅氏がTsinghua Unigroup傘下の長江存儲(Yangtze River Storage Technology)で最高技術責任者(CTO)に就任したことが分かったと報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$712.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI